名言から学ぶ【ヨハン・クライフ編】

名言blog

名言から学ぶ【ヨハン・クライフ編】

自分に何ができないかを知ることができねばならない

●感じたこと考えたことまとめ

1、20年先

そのサッカーは20年先を行っていたと言われている。
ただ勝つのではなく美しく勝利することをモットーにしたクライフ。

2、能力

能力を手に入れるために超えなければならないのが、「実践(やってみる)」という壁。実践を増やすことは能力を高めることになる。

3、できたから、わかる

分かったからできるのではなく、できたから分かる。できる前に分かろうとすることは、かなり無駄な努力をしている可能性ありということ。

4、学びのプロセス

ずっと「知る」というステップで足踏みする人は多い。何がなんだか分からないけど「やってみる」こと。そして、できなかったという体験をすること。

5、挑むとき

挑むときは、できることを期待するのではなく、「何ができて、何ができないのかを見つける」ことを目的とするのがいい。

●最後に

どうせやるならできたいと思う。だからやってみる前に「わかろうとする」。
行動を通して、知識から欠落している部分があらわになる。
課題が具体的になれば、もう一度、知るというステップに戻った時、何について知れば良いかが明らかになる。結果、学びの質が、めっちゃくちゃ高まる👍

#出来ないことを知る #ヨハンクライフ #出来ない事を知る #自分に出来ない事 #20年先 #世の中にインパクトを #実践する #とにかくやってみる #学びのプロセス #やればわかる #出来なかったから #だからわかる #挑む #挑む姿は美しい #課題を見つける #挑戦することに意味がある #やったもん勝ち #学び #学びの質 #学びの質を高める #成長するために #成長したい #失敗しても大丈夫 #失敗するから成功がある #自分を知る #失敗してもいい #泣いてもいい #失敗を恐れない #今日の言葉 #名言から学ぶ

過去ブログ

非常識の中に、常識がある

NPO法人スポーツクラブ リオペードラ加賀
総合複合施設でぽるたーれKAGA
障害福祉サービス事業所すくすく加賀

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧